自動車任意保険をランキングしました

自動車任意保険 去年と同じでいいんですか?更新前に毎年見積もりを!

車の保険で悩む

自動車ドライバーの手元には、保険会社から毎年決まった時期に「自動車保険更新のお知らせ」がやってきます。自動車保険(じどうしゃほけん)任意保険の更新ですね。

 

「またこの時期がきたかぁ〜」と封を開ける。
「保険料、高いんだよなぁ…」とブツブツ言いながらも、結局面倒臭くなってそのまま更新・・・なんて経験はありませんか?

 

1年契約の掛け捨てであるクルマの保険は、内容の確認もせずそのまま更新してしまうのは、とってもモッタイナイんです。

 

等級や年齢条件、補償の内容を見直したり、他の保険会社と見積りを比較することで、保険料がグ〜ッと割安にできる場合がけっこうあるのです。

 

だから、毎年の保更新時期には、契約内容を再確認して、他の会社とも見積り比較してみることをオススメいたします。

任意保険の比較は、ネットの一括見積もりがイイ!

自動車任意保険の値段(保険料)は、ドライバーの年齢、等級、車の安全性能など複雑な要件がからみ合って決まります。こうした条件により各保険会社で保険料に差が出るので、どこの会社があなたにとって最安値かは、実際に比べてみないとわからないのです。

 

でも、それぞれの業者に1つ1つ連絡したり自分で調べるのは、とっても手間と時間が掛かりますよね。
そこで、もうご存知だとは思いますがインターネットの自動車任意保険一括見積もりサービスがとても便利です。

 

カンタンに複数の保険会社から一括で見積りをとり、料金・契約内容の比較ができる「一括見積もり」のサービスですね。
いまでは任意保険一括見積もいくつかあるのですが、とくに評判が良いのがこちらの3サイトです。

 

価格.com(カカクコム)自動車保険

価格.com

私が一番にお薦めするのが、「価格.com」の査定サイトです。カカクコムはいろいろな商品やサービスの値段を比較できる有名なサービスなので、ご存知かと思います。

 

ポイントとしては、提携している保険会社が12社と他社より少な目だ、ということです。安さに定評のある会社に厳選した結果だそうです。見積りがあまり多くの業者から来ても、逆に迷っちゃいますからね・・。。
⇒ 価格.com の詳細はこちら

 

 

保険スクエア bang!(バン)自動車保険

保険スクエア

保険スクエアbang!は最大21社から比較できます。

こちらの特徴は、見積り結果がリアルタイムで表示される点です。即座に見積もりの比較ができるので、更新まで時間がない方、ハガキで見積りがくるのが面倒な方におすすめします。表示は比較しやすい一覧表になっているので、比較がカンタンでわかりやすいです。

 

⇒ 保険スクエアbang!の詳細はこちら

 

 

インズウェブ 保険の窓口

保険の窓口

こちらも自動車保険で評判のいいサービスで利用者実績もトップクラスです。

条件によっては5万円も安くなるケースもあるそうですので、初めて新規に加入する方、今より少しでも安くしたい方、じっくり比較検討したい方向けです。

 

WEBの入力は最短5分、無料で利用できる点は他のサービスとほぼ同じです。保険料の見積り結果は後日届けられます。
⇒ インズウェブの詳細はこちら

 

 

今の自動車保険会社から更新の案内が届いたら、同じ条件でをネットの一括見積に入力してみましょう。10〜20社程度の保険料の見込みから、格安でしかも保証内容がピッタリの保険を調べることができます。

 

インターネット専門の会社は、通販型(ダイレクト型)の自動車保険と呼ばれます。メリットは、「インターネット割引」や「早期割引」なども適用されるので、今までの保険料より3〜4万円、5〜6万円安くなったケースも珍しくないことです。
期限ギリギリより、早めに一括見積りをとれば、早期割引なども適用され、されに保険料がダウンしてオトクになりますよ!

自動車任意保険を、少しでも安くしたい方へ

車の任意保険は、基本的に1年ごとに更新する方式です。年齢や等級、事故など変動する項目が重要ですからね。
そこで、保険料を安くするコツとしては、毎年毎年、複数の保険会社から査定してもらうことです。

 

【任意保険を毎年見直しする理由】

  1. 等級・年齢条件・走行距離で保険料が安くなる!
  2. 保険料など各保険会社の内容は、年々変化している!
  3. 補償の内容を確認することで、納得して契約しよう!

 

去年の条件でも見積りと今年の比較では、同じ保険会社が安いとは限らないのです。「去年やったから、今年はいいや…」では、知らず知らずのうちに損をしているケースがあるんですよ。

 

 

【あなたの保証内容、ココだけはチェックしよう!】

 

年齢条件はOKか?

・・・自分と家族の年齢条件を確認しよう。「○○歳未満不担保」条件を超えて安くなる年かも。

 

運転者限定は適切か?

・・・高齢者・妻・子供で運転しない人がいれば、本人限定で保険料の大幅ダウンも。

 

車両保険を見直そう!

・・・愛車の価値も年々減っていくもの。「一般」「エコノミー」など車両保険の内容を見直すだけでも節約になります。場合によっては「車両保険なし」もアリの選択です。

 

クルマの安全性能は?

・・・車の安全性によって各種割引があります。「エコカー割引」「イモビライザー割引」、ABSやエアバックなど安全設装置による割引など、漏れがないかチェックしましょう。

 

 

いかがですか?掛け金などお安くなりましたでしょうか。
見積もりをとってみると、「えっ、こんなに下がるの〜??」と驚かれる方も多いと聞きます。

 

なぜこんなに差があるのか?と疑問をもたれる場合もあるでしょうが、各社の内容をよく吟味してみるとよいでしょう。
車を運転する頻度ですとか、ライフスタイルによって、手厚くしたい補償の内容などが変わってきます。

 

料金を1つの判断基準として、他の部分をどう考えるかなは、ドライバー個々の判断になつかと思います。
レッカー移動といった特約の部分ですね。

 

最低限は対人対物を無制限にしておいた方が安心だと、個人的には思いますが…。

 

自動車保険の人気ランキングが参考になった

 

私は車の諸費用はなるべく節約したい派なので、毎年の任意保険の更新時は、ジックリ時間をかけて吟味しています。

 

当然、複数社から一括見積もりをとりまして、安い保険を探しますが、もう一つ判断基準にしてるのが自動車保険のランキングです。契約件数が多いランキングや顧客満足度の順位などですね。

 

何年か前になるのですが、ある調査会社が実施した自動車保険満足度調査がランキングされていたので、参考にしました。

 

新規加入者の満足度では「セゾン自動車火災保険」が1位だそうです。契約のしやすさがポイントだそうです。「おとなの自動車保険」でコマーシャルやってるからイメージも良いのかも知れませんね。事故対応の満足度では「AIU保険」が1位にランクされていました。担当者の対応力や支払いが優れてるみたいです。

 

こういうデータと、あとはいつも利用している一括見積もりサイトのランキングも役立ちます。お客さんの評判なので信頼できるデータですからね。保険は見積もり金額の安さとランキングの結果などで、毎年一番適している保険会社を決めています。

乗用車の運営維持費は、もう少し安くならないものですかね・・・。駐車料・車検・ガソリン代とか、費用がかかりすぎで家計が苦し〜いっ。
その中でも、工夫次第で節約できるのが「自動車保険」ですよね。任意保険は安いところを探せれば、ビックリするくらい安くなることがありますよ!
何事も、情報が大事、ということでしょうかね。

 

 

ページTOP